アシックス エボ ライド。 1万円以下でコスパ最高。アシックスのエボライドは初心者も満足の1足でした。

アシックスも本気モード「Evoride(エボライド)」

ピッチが自然と多くなった理由も、先ほど述べた GLIDESOLEテクノロジーにある。 「METARIDE」の走行効率を継承しながら重量を削ぎ落とした、 METARIDEの軽量版という位置付けです。 本来なら初心者に適した 「METARIDE」「GLIDERIDE」あたりを チョイスすべきですが、ファンランのおっさんが手を出すには 割と良いお値段。

10

アシックスも本気モード「Evoride(エボライド)」

むしろ足がクルクル回ってピッチが多くなり過ぎたほどだ。

10

グライドライド・エボライドを履いたランナーの声は?アシックス新テクノロジー搭載シューズの特徴

RIDEシリーズのエントリーモデルになりますが、 3モデルの中で最も軽量で、高速ランに適したモデルです。

16

EVORIDE(エボライド)/asicsの商品情報・リアルな口コミ・レビュー

二層構造だから耐久性も高そう。

16

アシックス EVORIDE(エボライド)のサイズ感と履き心地! レビュー

ここからわかるのは、上位モデルほど機能を削っているということです。 「EVORIDE」(エボライド) そして今回購入したエボライド。 その反り返っているソールに重心移動することで、 いつの間にか離地する。

4

エボライドで15km走って分かった事

オッサンのランスタイル。

ランナーの足運びの変化をリアルタイムでフィードバックするスマートシューズ「EVORIDE ORPHE」 クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行予約販売スタート

クセがないため気に入る人も多いはずだ。 400キロ走破 ハーフマラソンを走ったり、芝生でジョギングしたりと多様な場所でランニングを行ってきましたが、 ついにアッパーにヘタってきたような感覚がありました。 同じくAHARを搭載したライトレーサーTSは1,000kmどころか2,000kmでも使えてしまう。

6

【アシックス】新シューズ:エボライドをランニングレビュー!1000キロ走破!履き心地、使用感の記録

「METARIDE」のように、カックンと前に進むわけでもなく、ストライクゾーンの広いシューズだと思います。

7

EVORIDE(エボライド)の評価レビュー:すべてのランシューを過去にする超新星なasicsの厚底ウサギ跳び靴。

日本人の足型を追求し、抜群のフィット感が得られるこのシューズ。

4