ハドラー。 【ドラクエウォーク】ハドラーの攻略と弱点|対策は?【メガモンスター】|ゲームエイト

【ハドラー】

その後、の暗黒闘気で強化復活を果たすが、とヒュンケルの離反、の戦死により、軍団長は半分となってしまう。 かつてはに護身用の為に魔界モンスターを収めた筒を渡したり、後に処刑してしまうがバルトスが赤子であったを育てていた事を反対しない等、部下に最低限な配慮をしている。 核の位置は人間の心臓と同じく左胸にある。

1

【ドラクエウォーク】ハドラーの攻略と弱点|対策は?【メガモンスター】|ゲームエイト

なお、ハドラーの肉体は物語初期の時にアバン打倒の褒美として一度入れ替わっており、この肉体をベースに超魔生物化している。 能力 魔王となり世界を征服しようと思い立つだけあって、自他共に認める高い戦闘力を有しており、肉弾戦と魔法どちらにも長ける。 『勇者アバンと獄炎の魔王』第2話以降 ブラスにデルムリン島にて、自身の邪気により破壊衝動をに目覚めたモンスターの中から強者を育成させ魔王軍に加える任務につかせ、一方で他の幹部たちにアバンへの警戒をさせている。

13

ハドラーの最期に泣ける『ダイの大冒険』宿敵アバンとキルバーンの呪法、ラストをネタバレ解説|アニメの缶づめ

つまりベギラゴンより強力なベギラゴンが放つことが出来、さらに上記こころを盛って、更に別のこころや装備で盛れば、「霊獣装備」「ラーミア装備」を超える、ダメージを期待してもいいのかもしれない。 剣を振るうシーンが無く、魔軍司令時代は格闘と呪文だけで戦っていたことから、剣術の心得が無い可能性もある。

1

【ハドラー】

以前は、アバンの命を投げ出した行為について「優しさとかいう猿にも劣る感情のせいで死んだ」と高笑いしながら語っていたが、この頃にはそのような高慢さも見られず、むしろアバンの命を奪ったことを悔いるようになっていた。 バーンから最後通告を受け、焦ってザボエラとともに騙し討ちを行うもダイたちに敗れて重傷を負い、初めて全てを捨てる覚悟で戦わなくては勝てないと悟る。 ただし、後述される黒の核晶が体内に埋め込まれているのを知ることができるものではないらしい。

【ドラクエウォーク】ハドラーのこころSデータと出現場所【DQウォーク】

ただし戦場においては自らも先陣を切って出陣しており、ザボエラのように自分は安全な場所にいて部下のみを危険な目に合わせるなどといったことは好まない。 ダイの仲間• 一番ダメージのでるキャラを「アンコール」で再行動させましょう。

15

ハドラー親衛騎団 (はどらーしんえいきだん)とは【ピクシブ百科事典】

これまであった慢心、油断を捨てて徹底的にダイと戦い、新技「超魔爆炎覇」によって彼を氷山に叩き落とした。 超魔生物へと改造されてからは、地獄の爪を鎖状に伸ばして振るうとから奪ったを新たな主要武器にする。 初戦のダイに追い詰められるまで地獄の爪を使わなかったり、ポップやマトリフに対し呪文のみで闘うなど、基本的に最初から全力を出そうとせず相手の得意分野にあわせて闘う傾向があり、格闘戦では剣時代のヒュンケルに、呪文ではマトリフにやや不利という程度の立ち合いをしていた。