戦車 研究 室。 各国戦車の開発と生産

[mixi]戦車の顔出し走行について。

資料によっては前者をKV-6、後者をKV-7としているものもある。 M4中戦車の大きな形式変更(生産型の変更)は、主砲変換の一回限りで、生産されたのは2つの型しかない。

M4シャーマン中戦車 Sherman Tank;鳥飼行博研究室

8センチ砲を装備するティーガー戦車を投入するに至って、M4シャーマン戦車の個別性能の優位性は崩れはじめた。 重装甲で重かったが,ディーゼルエンジンも550馬力あった。

15

61式戦車とスターリン3戦車とどちらが強いのですか?

しかし,開発から5年後の1940年5月のフランス侵攻では,47口径の3. KB-1重戦車の30口径76. 写真(左)1944年4月、中部イタリア、カッシーノ攻防戦の時期と思われるイギリス軍第21槍騎兵(ランサーズ)第17大隊のM4シャーマン戦車の前でポーズをとるA G ウィリアムズ軍曹。

各国戦車の開発と生産

オクーネフは軍需工業大臣のD. また車長用サイトは砲手用サイトへのオーバーライド機能を持っており、車長が砲手に代わって主砲の操作を行うことも可能である。 ヒトラーも、このような対戦車戦闘車両を望んであり、新型の71口径8. (:Sd. 5センチ砲装備)は少なかった。 しかし、SMKに比べ小型・軽量化されたとはいえ40トンを越える車重はクラッチとトランスミッションに過大な負荷を強い 、故障損失のほうが戦闘損失より多いこともしばしばだった。

T

90式戦車では、車長用キューポラと砲手用ハッチの中間前寄りにピントルマウントを設けて12. Inventory: Bild 183 - Allgemeiner Deutscher Nachrichtendienst - Zentralbild Signature: Bild 183-J05741 Original title: info "Der Tiger", der Schrecken unserer Feinde. :オリジナル写真解説にいは「"タイガー" 、敵の恐怖の的となった我がタイガー。 2ミリ()砲で,アメリカの75ミリ砲と同等だが、砲塔も車体周囲も傾斜装甲を施しており、の効果が大きく,命中弾は横滑りして,貫通力が低下した。 1940年から敗戦まで1万両生産。

18

更新履歴

アルベルト・シュペーアは、回顧録で、ソ連赤軍のT-34中戦車が登場し、その長砲身76. 、は重戦車並みの装甲を持ち、射程も長く攻撃力が高いものの、生産コストも高いため数を揃えるのに苦労する。

17

ダミー戦車戦術

この戦術的な失敗の事例が,1941年8-9月のである。

戦車研究室

1941年6月22日,ソ連に侵攻したドイツ軍は,国境近くでKB-1重戦車に直面し苦戦した。

12

[B! 軍事] 戦車研究室

Date 9 August 2015 Source Own work Author JustSomePics 写真はWikimedia Commons, File:8. KW-1B ボルト止めの増加装甲を付けたもので、ソ連側のKV-1Eにあたる。 コスト重視のユニットでは、を止めることはできない。 。

16